イタリア便り#3
『イタリア人とマスクの日々』

イタリア便り#3 『イタリア人とマスクの日々』
 
スタッフNです。
ミラノの街を歩くのが大好きです。
 
歴史ある建物を飾る石の彫刻、バルコニーを彩る花々、屋上に大胆にそびえる木々。
 
見上げながら歩くとメラヴィリア*な発見が尽きませんが、犬のフンが盛大に散らばる足元への注意も怠ってはなりません。(*初回をご参照下さい)
 
このコロナで、公共交通機関の使用を控えるため、ミラノ市内であれば、張り切ってどこへでも徒歩で出かけます。
 
イタリアで花粉症になった私は5月が最も辛いのですが、歩いていても今年は軽症。
なぜかと思えば、マスクをしているからなのでした。
 
コロナでマスクの着用が義務付けられ、しなければ罰金刑もある今日のイタリア。
 
喋る勢いなのか、鼻の高さゆえか、すぐにずり下がるマスクに苦慮するイタリア人ですが、コロナ前まではマスクというエチケットとは、全くもって無縁でした。
 
テロ絡みの不審者とみなされないよう、マスクをつけずに、くしゃみまみれになってよろよろと歩いたものでしたが、考えればイタリア人はサングラスが大好き。
 
マスクとサングラス、もちろんどちらも保護的役割を担っているわけですが、外見としての怪しさ勝負で言えば、どっこいどっこいな気も致します。
 
不審度の段階的検証
 
ちなみに、マスクをするとサングラスが曇って危ないので、サングラスをかけて歩く人は今、ほとんど見掛けません。
 
しかし、ようやく営業が再開されたオープンテラスのバールやレストランに陣取ったとたん、マスクを外し、サングラスを瞬間装着するのがイタリア人。
 
彼らの顔面の全貌が明らかになることはなく、やっぱりイタリア人だって、なかなかに不審なのです。
 
様々な時代の美が混在するミラノの街